創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > 流通との共同認識が大事 消費税セミナー 日プラ工
2013年09月20日

流通との共同認識が大事 消費税セミナー 日プラ工

e8f7ff2fda29d5647b239304abe0b2cf.JPG

新税の円滑な導入には
 プラスチック日用品工業組合 吉川利幸理事長の話
 日本プラスチック日用品工業組合では消費税率の引き上げ問題について今年2013年6月、経産省から再度、呼び掛けを受けたことからセミナーを開くことになった。消費税率の引き上げは2014年4月から実施される見通しだ。
 実施に当たって当組合では、「商品価格+消費税」という明確な表示であるようにと運動してきた。消費税問題はメーカーにだけ課せられたものでなく、取引先の問屋にも共通するものだ。
 セミナー参加の呼び掛けに応えてもらった問屋関係者には感謝申し上げる。ともに認識を広め、理解を深めながら来るべき増税の時を迎えたい。