創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 商品 > あめ玉から、わたあめが作れる。ホントの話
2013年12月02日

あめ玉から、わたあめが作れる。ホントの話

57b72673bd7c0938890514c9c5fed10d.jpg

ふつうのあめがジューシーわたあめにミラクル大変身 「Newあめdeわたあめ」累計販売台数 10万個達成
「Newあめdeわたあめ」は、あめ玉ひとつを用意するだけで簡単にわたあめが作れる、家庭用わたあめメーカーです。2009年8月に発売、2013年11月に累計販売台数10万個を達成しました。あめ玉がふわふわのわたあめになる驚き。あめの美味しさが一瞬で口の中に広がる感覚。いろいろな味のわたあめが楽しめる。市販のあめがあれば作れます。フルーツ味やソーダ味、コーヒー味、のど飴など、あめがある数だけわたあめが楽しめます。

【あめ玉式わたあめメーカーの秘話】 商品誕生のきっかけは、開発者が棒つきキャンディーをモーターで回転させて舐(な)める、というグッズを見た時でした。「街中で歩きながら、食べたい時、作って食べることはできないか。携帯型わたあめメーカーを作ったら面白いのでは」と、思い立ったのです。ところが、材料となる「ざらめ」が簡単に手に入らない。ざらめをどのように持ち歩くのか。簡単に手に入る代用品として、「あめ玉で作ろう」という結論に至りました。

当初、「携帯型」で開発を進めたが、乾電池やバッテリーでは、コストも、電力面でも困難なことがわかりました。そこで据え置き型に方針変更。次の問題は、ざらめに比べてあめ玉は大きな塊です。これをバランスよく高速で回転させるのに苦労しました。ざらめは溶ける前でも回転釜の中で散らばるためバランスが取りやすい。でも、あめ玉は溶ける途中も塊の状態です。バランスが安定しません。小さな一粒のあめ玉に大きく翻弄されました。機材を工夫。知恵を出し合い。やっと商品化ができました。

問い合わせ先・販売元  株式会社ハピネットの トイ・オリジナルユニット、担当は酒葉佳代子。〒111-0043 東京都台東区駒形 2-4-5 TEL : 03-5828-6351 FAX : 03-5828-6351