創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 商品 > 野菜インテリアは食べられる
2015年11月10日

野菜インテリアは食べられる

20151110_164014_2.png 20151110_164014.pngクリックすると大きく表示

部屋で育てた野菜が食べられます――オリンピア照明(東京都文京区、http://www.motom-jp.com/)が2015年11月、発売した。商品名「Akarina15」はLEDの明るさで水耕栽培ができる。

LED照明は植物の成長に併せて高さを調節。置き場所はテーブルの上などのほか、壁掛けもでOK。

Akarina15(アカリーナ イチゴー)
本体外寸 : 幅175×奥行き120×高さ450mm 
重さ:1kg(満水時:1.2kg)
電源入力 : AC100V 50/60Hz
消費電力 : 6W 
本体材質:樹脂
電気料金の目安 : 1日当たり16時間点灯の場合約2.6円(1kwh 27円で計算)
付属品 : 栽培ケース、栽培パネル、パネルふた×3個、液体肥料50ml×1個、種(サラダ菜)×約20粒、培地スポンジ10個(3回分)、ACアダプター

オリンピア照明
照明器具を企画・デザイン・製造の照明器具専門メーカー
企画営業部 MotoM事業室
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-9-8
TEL:03-5940-6773 
(土日祝除く平日9:00-18:00)
E-mail sale@olympia-jp.co.jp