創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > ケーヨー 2月期決算 1577億円(6.8%減)
2016年04月14日

ケーヨー 2月期決算 1577億円(6.8%減)

【関連記事】
DCM、ケーヨーと経営統合へ  http://livingtimes.co.jp/?p=7032

2be014c79de39ff793a48fbd688791fb.jpgクリックすると大きく表示
 
 ケーヨーの2016年2月期非連結決算。2014年3月の消費税率アップ前の特需に替わる対策として、5月連休、8月・2月の決算などのセール、PB商品の拡販、通販や取付・宅配などのサービスで集客した。

 新店出店は伊賀上野店(三重県伊賀市)、竜王駅前店(山梨県甲斐市)。3店舗を閉店。増床1。全面改装は行田店、上尾店など11店舗。

 家庭用品部門のうち、家庭用品は消費増税特需の反動で日用消耗品など低迷。定番商品の品揃えや陳列方法の改善を進めた調理道具、洗濯用品などは堅調。

 インテリア用品、家電製品は天候不順で、春夏・秋冬とも不振。取付・交換サービスと連動で照明器具、住設家電など前年を上回った。

 家庭用品部門の売上高は813億6900万円(前年比7・2%減)。