創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > 梶原産業商談会 営業マンが勧める商品とは
2015年11月25日

梶原産業商談会 営業マンが勧める商品とは

 feaca60068d2926157823293a4775fae.jpg 497d18a598d38dbae4d04e24814fbfe1.jpg 344597f3eedf10e146f46c475c755756.jpg​​
画像はクリックすると大きく表示

 電響社グループの「2016ニューライフ商談会」が11月25日と26日、大阪市内のOMMビルで開かれた。

 電響社(大阪市)をはじめ、梶原産業(大阪市)、大和無線電器(京都市)の3社が共催。出展メーカーは梶原産業関連では49社、うち新規出展は8社だった。電響社関連では46社が出展した。

 テーマは「ONE UP クオリティライフ」として、話題性の高い、ゆとりや快適といったキーワードに沿った商品を紹介した

 このうち、梶原産業では引き続き、「ひとつ上のランクにある商品の提案」を継承する一方、企画コーナーでは日常的に小売り関係者と直接商談に当たる営業担当者らの意向を反映させた商品構成となった。

「今売りたい」「より発信力の強い」商品を季節感なども織り込みながら編集。売り場の意向や要望に沿い、営業マンが手づかみの感触から得た、「売りたい商品」をピックアップ。紹介された商品の大半は営業部門が主導した形。

 来年前半を想定した26週間のパネルに「インフルエンザ対策」「自然災害外対策」「カビ・湿気対策」などの販売チャンスをパネルで紹介するなど、季節感・生活感などに沿うテーマを大事にした。

 主力メーカー6社のブースなどと隣接して新規出展メーカー8社の中心商材を紹介した。インテリア志向の電源スイッチのパネルカバー、回転式の歯ブラシ、高齢者向けのイメージを払拭するデザインの「老人カー」などが並んだ。

 商談会は東京でもすでに10月下旬、開催している。