創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > 2017年ニューモデル ランチボックス
2016年10月05日

2017年ニューモデル ランチボックス

_1.jpg OSK_3.jpg クリックすると大きく表示

OSK_2_-_.jpg 

 オーエスケー(大阪市)主催の「2017 OSK Colledtion the 14th」が9月29日と30日、大阪市内の同社本社で開かれた。

 キャラクターとOSKオリジナルを新しいランチスタイルや新形状で発表。冬シーズン移行の需要に焦点を合わせた内見会となった。例年よりも多く、150アイテムにのぼった

「ランチボックスを日常的に使う女性たちの要望や不満などを集約。自社の特徴を強く押し出していきたい」と、アイテム数の増加の理由について、川崎德太郎社長は話した。

 新キャラクターを採用する一方、シンプルなデザイン、機能優先のランチボックスの新製品も投入した。原則、食器洗い乾燥機が使えるなど、「使いやすいランチボックス」を進めている。各シリーズには軽量タイプのステンレスボトルや布製バッグなどが追加されている。

 一押し新製品とされた「DISH UP」シリーズは、盛り上がったフタ、本体と同色系の組み合わせ。キャラクターのないオリジナル商品という位置付け。通勤や通学の途上、詰めたお弁当が崩れにくいよう、フタの形状が盛り上がっている。汁漏れ防止の4点ロック、電子レンジ・食器洗い乾燥機OK。容量は500㍉㍑、600㍉㍑(2段式)750㍉㍑の3点。

 人気の高いデザインの雰囲気を漂わせたTSUMUGIの新タイプ「TSUMUGI Deux」。パッキンを使わないシリコン製のフタ、幅広の溝幅、隅丸、S字仕切り…同社製品中でも、「もっとも洗いやすい」タイプと位置付けている。保冷バッグ付きも発売。

 白と黒の「Blac & White」。汁漏れしない2点ロック、パッキン不要、バッグ付き、洗いやすいなど、機能優先。容量は330㍉㍑、450㍉㍑の小食派向け。
 サーフィンブランドでは「HALEIWA」。赤と青2シリーズで、ボーイッシュな印象。

【キャラクター付き】
 人気の高いネコを題材に採用。「シャ・ノワール・エ・ブラン」は白と黒でまとめたオリジナルデザインは大人向け。容量500㍉㍑、330㍉㍑と300㍉㍑2段など。バッグはがま口型・ワンポイント刺繍が大人っぽい仕上げ。

【版権付きキャラクター】
「ハローキティ」では1970年代に活躍したサンリオキャラクターが複数登場した。「リトルツインスターズ」「パティ&ジミー」「バニー&マッティ」などを集合した懐かしい雰囲気のシリーズ。

 OLたちに向けて新しく「ウォンバットさんたち」を採用。

 10月から、読売テレビ系で放映中の歴史を題材にしたアニメ番組「タイムボカン24」。1970年代のリメイク作品。
 アニメ番組「がんばれ!ルルロロ」も絵本では10年前発売されNHKで放送され、現在3年目になる。幼児・低学年向け。

2017 OSK Colledtion the 14th 東京会場
2016年10月12日(水)~13日(木)
 午前9時30分~午後6時
So-SPACE 2階
 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-16-3
 会場アクセス http://so-space.net/access