創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 統計・調査・アンケート > コンビニで買う日用品とは
2014年04月07日

コンビニで買う日用品とは

コンビニエンスストアで日用品を買う人はコンビニ利用者の5割弱。上位は「はがき、切手類」「タバコ、ライターなど」「事務用品、文具」「乾電池、電球、充電器など」など。購入頻度は「月に1回未満」が、購入者の半数弱。週1回以上購入者は全体の2割強
コンビニエンスストアでの日用品購入場面は「急に必要になった」が最も多く、「近くの店舗で買いたい」「他の店舗などで買い忘れた」「他の店舗が開いていない時間帯」「コンビニエンスストアで他のものを購入するついで」が各2割で続く
コンビニで日用品を買う理由は「急に必要になった時にいつでも買える」の他、「お店が近い・行きやすい」「開いているお店がそこしかない」などが上位
コンビニエンスストアでの日用品購入時の重視点は「立地がよい、便利な場所にある」が最も多く、「価格」「品揃えが豊富」「ほしい銘柄の商品を扱っている」「普段から利用している店舗・チェーン」「駐車場の充実度」「少量、使い切りサイズの商品がある」などが続く

【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター
【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)
【調査時期】 2014年3月1日〜3月5日
【調査機関】 マイボイスコム株式会社
【回答者数】 11,709名

1. コンビニエンスストアで購入する日用品〔(コンビニエンスストアを利用する方)あなたは、普段コンビニエンスストアでどのような日用品を購入しますか。(複数回答可)〕
 
コンビニエンスストア利用者のうち日用品を買う人は5割弱です。買うものの上位は「はがき、切手類」「タバコ、ライターなど」「事務用品、文具」「乾電池、電球、充電器など」などで、各1〜2割です。男性では「タバコ、ライターなど」が最も多くなっています。 コンビニエンスストア週2〜3回以上利用者では、日用品購入者は6〜7割ですが、月1回以下利用者では3割強となっています。