創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 統計・調査・アンケート > ホームセンター 2014年7月の販売額速報
2014年08月29日

ホームセンター 2014年7月の販売額速報

7_01.jpgクリックすると大きく表示​

経済産業省が2014年8月29日、発表したホームセンターの2014年7月の商品販売額は6月に比べて1.58%増えて2777億2500万円だった。心配された消費増税の反動の影響は小さく、5月で順調な回復が見えたが、6月で一服感、7月は前月に比べて43億円増やした。店舗数は11店舗増え、4068だった。

【6月に比べて】
9部門中、もっとも増えたのが「カー用品・アウトドア」18.8%増。夏の行楽・アウトドアレジャーを反映しているのか。続いて、「電気」が12.8%増だったが、2月の販売額と同じ水準。「家庭用品・日用品」は2.8%増、620億円。4月以来、順調な増加である。
「園芸・エクステリア」はピークだった5月の6割強にとどまった。

地域別で6月と比較して減らしたのは「中部」と「近畿」だけ。「中部」は279億円・380店舗(6月284億円・381店舗)。近畿393億円・580店舗(6月399億円・580店舗)。