創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 商品 > 和食とホーロー鍋の相性  高木金属工業
2014年08月06日

和食とホーロー鍋の相性  高木金属工業

HA-F18.jpg クリックすると大きく表示


高木金属工業(大阪市)の和食を卓上で楽しむためのシリーズです。ホーロー鍋は保温性が高く、冬季には寄せ鍋・煮込み・雑炊など鍋物には最適の道具です。

鉄を、ガラス質の釉薬を掛けて高温で焼き付けており、酸・アルカリなどに強く、光沢があり表面が美しい。漢字は琺瑯と書きます。装飾品の七宝焼き(しっぽうやき)もホーローです。調理用品ではボウルや鍋は自家製のマヨネーズ、ジャムを作るのに欠かせない道具です。

化学特性に優れており、古代がさまざな分野で重宝されてきました。工場などの原料用容器、医療用具など、家庭用では調理用品のほか、洗面器、流し台、浴槽などに使われています。

衝撃や空だきには弱いという弱点もあるが、調理や食事など用途に応じて使えば、特徴が十二分に発揮でき、台所や食卓で映えます。IHクッキングヒーター(200V)が使える。

和食が見直されていることから、鍋の専門メーカーの高木金属工業では「ホーローあじわい鍋 時代シリーズ」としてホーロー製品の商品企画や販売に力を入れています。このシリーズ4点のなかで「弥生」以外は国産品です。

HA-F18____-____.jpgクリックすると大きく表示

ホーローあじわい鍋 弥生 18cm (上の写真)
使用材質:ホーロー用鋼板(底厚さ0.8mm)、鍋ぶたは全面物理強化ガラス(透明)、なべつまみはフェノール樹脂。容量1.5リットル、鍋寸法235 205×高さ105cm、955g、インドネシア産。
ホーローあじわい鍋はこのほか、24cm、27cm、30cmは日本製。

【関連記事】
専門メーカーが教える ガスこんろ魚焼きグリル活用法 高木金属工業  http://livingtimes.co.jp/?p=3442

高木金属工業  http://takagi-metal.co.jp/
資本金 : 19,000,000円
創業 : 大正12年2月
会社設立 : 昭和22年5月
代表取締役社長 高木 満郎
専務取締役 高木 征夫
常務取締役 山内 仁
取締役 高木 さゆり
監査役 古田 年季
家庭金物製品製造販売、各種プレス加工
本社・工場:〒537-0011 大阪市東成区東今里2丁目8番38号
TEL: 06-6981-1467 FAX:06-6976-3701

【主な製品】
油まわり製品(炭ろ過オイルポット・天ぷらバット・フライパンカバー・天ぷら鍋・他
レンジトレー・レンジガード・システムキッチンガードなど)
ホーロー製品(卓上鍋・両手鍋・片手鍋・ミルクパン・ケトル・天ぷら鍋・他
ストッカー・ストックポットなど)
焼き物製品(オーブントースタートレー・グリルトレー&アミなど)
レジャー製品(保冷バッグ・ボトルケース・保冷ランチバッグなど)

主 要 設 備
トルクバック パープレス 200T 他 12台
ダブルクランク プレス 150T 2台
スピニング マシン 2台
旋盤 改造機 5台
ハイマックススポット溶接機 4台
その他 プレス機 15台
金型 製作設備 一式