創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > タイガー魔法瓶株式会社 > 関西の家庭金物業界 2020年始会
2020年01月07日

関西の家庭金物業界 2020年始会

 

成長の伸びシロあり
家庭金物家庭用品業者年始互礼会(中村健輔発起人代表)が2020年1月6日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで開催した。今回で59回目。

【発起人 代表あいさつ】
中村健輔・大阪府家庭金物卸協同組合理事長
今年は英国のEU離脱、米中貿易戦争、イランや香港など問題が続きます。

今年をデジタル社会元年としている政府は新たなルール作りに着手します。これを契機に企業にもイノベーションが迫られるでしょう。

「デジタル社会では常に恐れを知り、時に大胆な決断と行動ができる臆病者だけが生き残れるかもしれない」と言う世界的規模のファーウェイCEO・任正非氏であってもこうした厳しい見方をしています。

7月開催のオリンピック・パラリンピックの活力を受け、飛躍の年としたい。健康・防災・美容・家事時短・富裕層海外デジタルマーケットなど、成長の伸びシロとするキーワードは無数にあります。卸・製造が知恵を出し合いうことが大事です。

 

 

【乾杯発声】
岩﨑能久・日本プラスチック日用品工業組合理事長
子どもたちのラグビーを指導している者としてひとこと。昨年、ワールドラグビーが頑張ることができた要因は――全選手が元気で怪我がなかったことと選手の出身国が7カ国に及び、この多様性が奏功しました。ワンチームとして力を発揮できたのは健康と元気が源泉であった。われわれ業界も卸売り・製造の両者がワンチームとなって荒波を乗り切りたい。

 


【閉会あいさつ】
菊池嘉聡・全国魔法瓶工業組合理事長
子年(ねどし)のいわれとは勤勉、働き者を表すといいます。今年1年の株相場が上がり繁栄を願っています。

 

【関西家庭金物家庭用品業者年始互礼会発起人】
▽一般社団法人軽金属製品協会(倉智春吉会長)
▽全国魔法瓶工業組合(菊池嘉聡理事長)
▽日本プラスチック日用品工業組合(岩﨑能久理事長)
▽大阪板金家庭金物工業会(末廣謙策会長)
▽大阪金網製品工業会(山田和行会長)
▽大阪府家庭金物卸協同組合(中村健輔理事長)