創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > タイガー魔法瓶株式会社 > マツコ・デラックスさん、タイガー魔法瓶CM 裏話…
2015年06月24日

マツコ・デラックスさん、タイガー魔法瓶CM 裏話…

 マツコさんを指名したのはタイガー魔法瓶で、今秋から販売に力を入れ始める土鍋の圧力IH炊飯ジャーと陶板焼き器のコマーシャルに出演中です。

台本なし、リハーサルなし、カチンコはほぼ使わず、フィルム交換タイムを除いてすべて本番でした。麦入りのご飯、トリの胸肉の陶板焼きを食べた感想を収録編集したCM。撮影に要した4時間、監督やスタッフとの自然体のフリートーク、マツコ節が収められています。

CMの内容はさておき、今回の撮影でマツコさんのトークのおかずになったのは監督でした。

炊飯ジャーの内釜の本土鍋を手に取り、指でカンカンと弾きながら「いい音するね、これね。」と本物の土でできた手作り感を確かめたマツコさんは、本体から本土鍋を取り出すとそのまま「おひつ」として食卓で使えることに気づきました。監督がそのことを知らず(?)、スタッフが慌てて「おひつ」の土鍋ふたを持ってきました。

「こういう人(スタッフ)に支えられてやってんだよ、偉そうにしてるけど感謝しなきゃ」と監督をたしなめ、そこからは「タイガー愛は私の方が強いわよ、だから。」と言い切って、撮影現場は一気にマツコさんの独壇場に。

本土鍋や本体の底に組み込まれた遠赤大土かまどがいかに凄くてありがたいか、美しいかをアピールすべきと、自身が考えたCM の企画について監督に対する説得が始まりました。

とにかく「凄い」、「美しい」を連発し、ついには<THE 炊きたて>の購入(ちなみに色はフロストホワイト柄を選択)を決断するに至ったマツコさんでした。一連のトークシーンは「素材」篇として完成。

CMはタイガー魔法瓶の調理家電ブランド「GRAND X」のシリーズで、2本制作しました。
土鍋釜で炊いたご飯がおいしいということから、一時ブームにもなった土鍋をタイガー魔法瓶はIHの熱源で実現した「土鍋圧力IH炊飯ジャー《THE 炊きたて》ですが、CMでは麦ご飯もおいしく炊けるというアピールを加えた新製品です。

もう1点は、遠赤効果の陶器製プレート、高温の熱制御に優れたIH熱源を組み込んだ「IH陶板焼き器」で焼いたトリ胸肉がもも肉のように柔らかく焼き上がるという製品。

【タイガー魔法瓶、関連記事】 http://livingtimes.co.jp/?cat=3