創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > インタビュー > 奥村好信・オクムラ社長インタビュー
2015年08月02日

奥村好信・オクムラ社長インタビュー

IMG_3376_-_.jpg
  奥村 好信社長​   ​

東京支店の貢献度高く 今期55億円へ上方修正

 ――東京支店の開設後、初めての見本市です。
 奥村
 旧「澤新」の営業を引き継いで、2014年12月、東京支店を開設して半年余りが経過しました。 オリンピック開催の2020年をめどに盤石な支店体制にもっていきたい。

 地元密着のスーパーマーケットや専門店、ホームセンターなどが多く、豊かな市場性が魅力です。

 ――東京支店関連のお得意先の来場は。
 奥村
 東京都内や近郊の専門店のオーナーさんらが京都の見本市会場に来られる負担を考慮して、今回は8月下旬、都内北区で商談会を開催します。

 ――業績面について。
 奥村
 東京支店は7月の予算を達成し、順調なスタートを切ったといえます。
 
 オクムラ本体の決算期は12月ですが、前半期の業績は110~117の伸びとなりました。旧体制ベースでは5%程度の伸び率なので、やはり東京支店の貢献度は高いといえます。

 ヤマカ(神戸市)は6月が決算期で、17・7%増となりました。神戸や大阪で買い物をされた海外旅行客が立ち寄るホームセンターやスーパーの家庭用品の売れ行きが好調です。ヤマカでもステンレスボトルや包丁などが売れました。

 ――オクムラグループの今期売上高目標の50億円を軽く超えます。
 奥村
 売上高は55億円へと上方修正しました。

 東京支店の売上高構成比に占める割合は10%です。ヤマカも2けた増の好成績です。住設部門も引き続き堅調です。加えて名古屋営業所なども業績アップに貢献してます。
 
 ――好調の半面、海外観光客の下火などへの備えは。
 奥村
 量販店やホームセンター、それから新規取引先の3つで足場を固めていきます。

 新規得意先が求める商品企画にも応えていきます。シュウ酸アルミ鍋のシリーズ化なども、当社の商品企画担当者メーカーとの共同で商品化したものです。新規取引先の初期導入商材となりました。

 ――新規開拓は課題点も少なくありません。
 奥村
 新規開拓では商材も新規性のあるものが有利で、半面、在庫負担が大きく、両者のバランスを考慮しなければいけません。併せて、財務体質の強化にも取り組んでいます。

 半面、コーヒー関連の増強はブームに乗れる時には乗っておこうという考えから新規メーカーの取引を始めました。
(2015年7月29日と30日、京都市内で開催した同社見本市の会場でインタビュー)

【関連記事】
・見本市 東京支店得意先も http://livingtimes.co.jp/?p=6116