創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 決算・業績・合併・提携など > ホームセンター 2017年5月販売額 0.7%減
2017年07月21日

ホームセンター 2017年5月販売額 0.7%減


「家庭用品」は前月比1.5%減

経済産業省がまとめたホームセンターの2017年5月の商品販売額は前年の同じ月に比べて0.7%減って3124億円だった。16年8月以来、1カ月~2カ月おきに増減を繰り返す低迷ぶりだ。4月にはいったん回復したが、5月再び減少した。高齢化と人口減少が同時進行する中で、旧態依然のホームセンター業態にそろそろ限界がみえてきたのか。

店舗数は前月に比べて1店舗減って4279店舗だった。

商品部門別では「家庭用品」は4月に5カ月連続の落ち込みからようやく脱したが、5月は再び前月を1.7%減、販売額は644億円だった。

「インテリア」は10カ月連続の下降で、9部門中、最悪の状況が続いている。「DIY用品・素材」と「電気」「カー用品・アウトドア」の3部門は6カ月間下落が続いている。

一方、比較的新しい取り扱う商品やサービスなど「その他」は9カ月間連続増進中だ。高齢化や人口減少が進んでいるだけに既存のホームセンターのあり方が問われている。

地域別では、「関東」が1カ月~2カ月ごとに一進一退の状況。「中部」「近畿」「四国」は16年8月から10カ月間、低迷から脱しきれない。