創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 見本市・発表会・セミナー・キャンペーン > テーブルウエアフェスティバル2016 1月31日から東京ドームで
2015年11月11日

テーブルウエアフェスティバル2016 1月31日から東京ドームで

   20151111_192945.pngクリックすると大きく表示

 「テーブルウェア・フェスティバル2016~暮らしを彩る器展」は2016年1月31日~2月8日の9日間、東京都文京区の東京ドームで開く。食文化とテーブルウエアをテーマに生活提案型のイベントとして毎年開催しており、前回は27万が来場した。入場料は当日2100円。

 23回目を迎えた今回のテーマは、「My Style セレクション ~創り手からの提案」。新しいデザイン性と機能性を備えた商品をクリエーターが提案を競い合う。お気に入りの商品は予約販売で購入できるのもこの器展の特色のひとつ。

 「至高の技 チャイナペインティング ~ 絵付けの器でおもてなし」 JPPAも目玉企画。酒杯と皿での都会的な「1人ディナーセッティング」「お花見のテーブル」、佐賀県有田の協力で「手塩皿への挑戦」など、創作心いっぱいの器を出品する予定。

 企画を受け持つJPPA(日本ポーセリンペインターズ協会)は全国の磁器絵付けを趣味とするグループの指導者300超を会員とする非営利団体。会員間の親睦や情報交換をはじめ、技術向上、社会貢献などが同会の設立趣旨である。

 このほか、洋食器ではノリタケ、大倉陶園。日本の器では漆器・陶磁器、和モダンの楽しみを前面に押し出しながら会津、美濃焼き、瀬戸織部、多治見、常滑、有田、波佐見、鹿児島、沖縄など地方の食文化などが紹介される。

テーブルウェア・フェスティバル2016
 ~暮らしを彩る器展~
 
 食生活文化ならびにテーブルウェア文化発展への寄与を目指すとともに、人々に感性豊かな潤いのある生活の楽しみ方を提案していくことを目的とする
 会 期:2016年1月 31日(日)~2月8日(月) 午前10~午後7時
(1月31日・日曜日だけ、一般公開は午前11時から)
 会 場:東京ドーム(東京都文京区後楽1の3)
 主 催:テーブルウェア・フェスティバル実行委員会(読売新聞社、株式会社東京ドーム)
 後 援:経済産業省、東京都、NHK、社団法人日本陶磁協会、NPO法人食空間コーディネート協会ほか
 特別協力:株式会社大倉陶園、株式会社ノリタケカンパニーリミテド、ハウス食品株式会社
 企画運営:株式会社東京ドーム、株式会社ジェイアール東日本企画、株式会社NHKアート
 入 場 料:当日券 2,100円 (前売券 1,800円 。税込み)。
      小学生以下は無料だが、大人の付き添いが必要