創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > ランチグッズの最新情報 オーエスケー内見会
2015年05月23日

ランチグッズの最新情報 オーエスケー内見会

OSK.jpg​​クリックすると大きく表示
 オーエスケー(大阪市)の「2015 OSK Collection the 11th」が5月末、大阪と東京の2会場で開かれた。人気のキャラクターを付けたランチボックスはデザインの鮮度に配慮する一方、高学年や大人受けするアイテムなども追加した。以下、主な新製品。

おにぎりケース
 具だくさんの爆弾おにぎりが作れる専用ケース。コンビニ店で売っているおにぎりの2倍(230g)が握らずに作れる。ご飯を詰めて押し型付きのふたで適度の力で押すとでき上がり。
 109×106×高さ56mm、290ml。
 絵柄は「リラックマ」「ハローキティ」「スヌーピー」。

OSK_2.jpg​クリックすると大きく表示
 食パン抜き型
 新製品は「ハローキティ」「スヌーピー」「リラックマ」。それぞれキャラクターの抜き型に食パンを抜いて、焼く。楽しいおやつグッズ。食パン1枚から2つ作れる。(上の写真は会場で抜き型の実演)

 ダイカットシール容器
 容器のふたが「ハローキティ」「リラックマ」の形。123×93×高さ45mm。200ml。

 「ドラえもん&ハローキティ」が共演するシリーズも登場

 デコカレー
「ハローキティ」「きかんしゃトーマス」「リラックマ」「スヌーピー」をそろえた。

 スヌーピー
3つのテーストを採用。①3D風のデザイン。2015年12月、映画上映を予定②漫画風の通常タイプ③男性でも使える黒色。コンパクト収納の松花堂弁当箱や保冷型のランチバッグがある。

 UGLYDOLL(アグリードール)
米国で企画された新顔。ゆるキャラ風。2006年、米国玩具協会の賞を受けている。

 このほか、「ウルトラマン」「プリパラ」「妖怪ウォッチ」「カピバラさん×ふなっしー」などがある。

 OSKのランチボックス
 自社開発のランチボックスは、洗いやすい形状・滑らかな曲線を多用し隅・洗い残し防止・シールふたは溝をなくした・S字仕切りは曲線形状で洗いやすく洗い残しを防止など、食べ終わった後の洗浄のしやすさなどに力点を置いている。

     
 内見会は、大阪会場が5月21日~22日、同社本社で、東京会場が5月28日~29日、都内の秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部で、それ開催された。