創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > 中山福 2014東西商談会が閉幕
2014年10月16日

中山福 2014東西商談会が閉幕

20161540b7ba33d86372c5a4cee06ac1.jpg​クリックすると大きく表示

 中山福(大阪市)主催の「第28回東西商談会」は2014年10月8日~9日、東京都大田区のTRC東京流通センター・第2展示場Fホールで開いた。出展したメーカーは同社系列のベストコを含めて69社。来場は140社420人だった。

 年末年始の需要を直前に控えていたことから、シーズン限定の商品をはじめ、2015年春向けの「新生活」「春行楽・レジャー」商材などを中心に提案した。
 商談会からシーズン本番までの時間差が短く、商品それぞれが持つ機能・性能などを消費者に直感的に伝わるよう販促物などを効果的に活用した事例が目立った。

 同社では7月、横浜市内で秋季見本市を開いており、「上手に暮らそう2014 ”Best Season Report”旬価秋冬」をテーマに、食材・商品・売り時のそれぞれの旬(しゅん)を企画のテーマに盛り込んだもの。
 秋から冬にかけた住まい方、食との接点などを新提案、数多くを紹介した。
 自社ブランド「ベストコ」も多数のオリジナル商品を提案。

 会場では、「うれしい」「たのしい」「おいしい」「きもちいい」など、心地よい五感のキーワードでくくったコーナーでも、今すぐ売り場展開ができる新製品などを選び紹介した。
 POPや化粧箱、大型の写真パネルなど、販促物を活用し、雰囲気を盛り上げた。

da897d20d435c57a7c026b7ce3d09d99.jpg​クリックすると大きく表示
 台所用品は「次世代型 Kitchen Style Series」として棚単位の提案をした。「すくう・返す」「むく・スライス」「切る」など用途別の棚陳列。明るいキッチン空間を想定し、カラフルなプラスチックなども選ばれており、機能をおさえながらも、売り場での視覚効果も狙った。「売り時」にふさわしい商材を想起してもらおうという意図だった。
 季節感など、売り時を逃さない呼び掛けをしていた。

【関連記事】
・中山福、2014秋季見本市 【報告】  http://livingtimes.co.jp/?p=3419
・中山福、中山善郎氏 専務へ http://livingtimes.co.jp/?p=2694
・【インタビュー】 石川宣博・中山福社長 「増税で行動変わる消費者」 http://livingtimes.co.jp/?p=2071
・中山福の春季見本市 積極的に販売企画・提案 http://livingtimes.co.jp/?p=2067

中山福株式会社
代表取締役 石川 宣博
本社所在地  〒542-0082 大阪市中央区島之内1-22-9
TEL.(06)6251-3051(代)  FAX.(06)6241-1328 http://www.nakayamafuku.co.jp
創業 : 1925年3月
会社設立 : 1947年2月
資 本 金 : 17億600万円(発行済株式総数20,214,480株)
社 員 数 : 339名(グループ 372名) ※2013年3月31日現在
事業内容 : 家庭金物日用品、調理家電品、
リビング用品などの卸売業・輸出入業
事 業 所  本社、全国9支店
取引銀行  みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 常陽銀行