創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > 象印マホービン 2016秋の新製品商談会  極め羽釜 新しい炊き方
2016年05月23日

象印マホービン 2016秋の新製品商談会  極め羽釜 新しい炊き方

1.jpgクリックすると大きく表示
2.jpg
3.jpg

 象印マホービンの「秋の新製品・企画商談会」が2016年5月から全国6つの会場で開かれている。

 主力商品の炊飯ジャー新・極め羽釜は「米を豪快にかき回し、甘み成分を引き出す」「米の内部に甘み成分がしみ込む」というキャッチフレーズ。高い火力と圧力の技術で新しい炊き方を提案した。

 一方、体感コーナーは丸洗いできるトースターの扉、分解できるフードジャーなど、現品とパネルなどで説明。

 試食コーナーは「極め羽釜」で炊いたご飯の試食をはじめ、コーヒー、ジュースなどののほか、オリンピックのブラジル開催に沿ってブラジル料理も登場した。

【関連記事】
象印マホービン、2016年商談会 6会場で http://livingtimes.co.jp/?p=7128