創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 見本市・発表会・セミナー・キャンペーン > スイーツ甲子園 2015年9月22日
2015年05月14日

スイーツ甲子園 2015年9月22日

貝印株式会社は、高校生が3人1組のチームでスイーツ作りの腕前を競う「第8回貝印スイーツ甲子園」の出場チームの募集をしている。優勝チームには世界的に有名なパティシエに会えるパリ研修旅行が贈られる。

貝印スイーツ甲子園は、同一高校に在学する3人1組(男女混合可)がチームとなってスイーツを創作するもの。将来のパティシエ育成や製菓分野への進学・就職などの機会へとつながる。

2014年は556チームの応募があった。今年のテーマは『わたしのまちの"新"名物』。新というキーワードで、新たな名物を創造してほしいというねらい。

応募は、チーム紹介と参加理由、作品紹介(作品名と画像)、レシピなどを2015年6月1日(月)までに、WEBまたは郵送。書類審査のあと、地方予選大会を7月下旬から全国各地域で、決勝大会を9月22日(火・祝)に開催。優勝チームには世界的に有名なパティシエに会えるパリ研修旅行が贈られます。

書類審査は、大会アドバイザーで、フランス菓子・料理研究家の大森由紀子氏と、地方予選大会の審査員が行います。製菓に関する基礎知識の筆記試験も実施。筆記と調理試験(テーマ作品と課題作品)の合計点で審査を行い、各ブロックからそれぞれ1チームが決勝大会へ。

決勝の審査員
PÂTISSERIE AU GRENIER D’OR (パティスリー・オ・グルニエ・ドール)の西原金蔵氏
Pâtisserie Tadashi YANAGI(パティスリー タダシ・ヤナギ)の柳正司氏
THÉOBROMA (テオブロマ)の土屋公二氏

【下の画像】
昨年の優勝校第7回貝印スイーツ甲子園 初優勝のレコールバンタン高等部『すまいる』チーム(関東地区代表)
作品名:Monde du reve (モンドデュレーヴ) 

WEBサイト http://www.kai-group.com/fun/koushien/
Facebookページ https://www.facebook.com/kai.sweetskoushien
twitter https://twitter.com/sweets_koushien