創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 見本市・発表会・セミナー・キャンペーン > 2016スイーツ甲子園、おかやま山陽高校が優勝
2016年10月03日

2016スイーツ甲子園、おかやま山陽高校が優勝

  541b64093cf7cd0d6f12087d5cc36377.jpg kaijirusi_.jpgクリックすると大きく表示

 全国の高校から439チームが参加した「第9回 貝印スイーツ甲子園」(貝印主催)でおかやま山陽高等学校『rêve(レーヴ)』チームの2年生女子3人チームが優勝した。

 スイーツ甲子園は、 全国の高校生にスイーツを通じた自己表現や自己実現の機会を提供。 将来のパティシエ育成や製菓分野への進学・就職など役立ててもらうことから、2008年から開いてきた。

今年の決勝大会を2016年9月18日、東京・秋葉原のアキバ・スクエアで開催。

審査員は「パティスリー・オ・グルニエ・ドール」の西原金蔵氏、 「パティスリー タダシ・ヤナギ」の柳正司氏、 「テオブロマ」の土屋公二氏。

3氏から、 「香りを出すのが難しい桃の香りと、 レモンの爽やかな酸味がよく出ていて、 桃やビスキュイの食感も良く、バランスが取れて非常においしい 」と評価。  スイーツの本場パリ研修旅行が贈られた。 

準優勝はレコールバンタン高等部(東京都)の『東京らんこんとる』チーム、3位は慶誠高等学校(熊本県)『Bloom(ブルーム)』だった。

公式WEBサイト  http://www.kai-group.com/fun/koushien/ 
公式Facebookページ  https://www.facebook.com/kai.sweetskoushien 
公式twitter  https://twitter.com/sweets_koushien