創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > オクムラ、秋・冬向け商品の展示会 【報告】
2014年07月18日

オクムラ、秋・冬向け商品の展示会 【報告】

f0d153151d799ec37b4c8b8f2b076424.jpg 2aaafdc53c8b29f9e7d2ce9695c411f3.jpg

43115ee3bd2480596c799e18140735df.jpg 105a30f927a8a8eecae083e3e286158d.jpgクリックすると大きく表示

オクムラ(京都市)とヤマカ(神戸市)の合同展示会「2014 オータムフェア」は7月17日(木)~18日(金)、京都市伏見区竹田鳥羽殿町の京都パルスプラザで開いた。

新規取引先が増えていることから、多様な小売り業態に合わせた新しい企画・情報・新商品開発が当面の課題として掲げ、今回の展示会でも集中して提案した。

出展メーカーは79社だったが、業種に入れ替えがあり、雑貨系商材・メーカーが増えた。
消費傾向に即応した企画や提案に力を入れ、小回りの良さを前面に押し出した。こうした企画販売は呼応する販売店の業績アップに貢献している。

今回、会場中央で広いスペースをとったのは――レギュラーコーヒーの楽しみ方、カラフルで空間のアクセントに欠かせない雑貨商材、急増する高齢者のための便利グッズなど、独自のアイデアを盛り込んだ提案だった。

展示商品の選定に営業担当者の個人名が添えられたり、商談や売り場から得た消費者の問題解決に結び付くポイントなどを短文でまとめたPOPで呼び掛けるなど、キメの細かさに来場者が立ち止まる光景などが見られた。意思疎通が最優先の新規得意先との接点を積極的に作ろうという姿勢だ。

会期2日間、特別セミナーを開いたのも新企画。テーマは「対面販売だからこそ出来る高齢者商品」として、高齢者の暮らしを支える多様な商材の発掘とともに、説明販売の重要性などをメーカーを交えて消費の現状などを紹介した。現場感覚の大切さを共通の課題として、関係者全員で高齢者市場を盛り立てていこうというイベントだった。

【関連記事】
・オクムラ見本市  消費税対策万全へ 【リポート】 http://livingtimes.co.jp/?p=1653
・キッチン用品 京都・卸商社「オクムラ」社長インタビュー http://livingtimes.co.jp/?p=1098

オクムラ株式会社
住所:600-8882 京都市下京区西七条比輪田町3番地
http://www.okumurak.jp/
創業享保年間、250年の歴史がある専門問屋。「古い皮袋に酒を盛る」の気概で、時代に即応した経営。家庭金物をはじめ、多種多様の家庭用品・住設機器を販売。有力ブランドメーカーと安定した取引に恵まれる。オリジナル製品や京ブランドの手造り商品なども扱う。

・主要販売先: PLANT、タテヤマ、大丸ピーコック、ユニ高島屋、大丸、ディオワールド、ニッセン、京都生協、専門店、住設店など

・主要仕入先: タイガー魔法瓶・パール金属・岩谷産業・リンナイ・エレクター・ピーコック魔法瓶工業・トヨトミ・北陸アルミニウム・積水樹脂・タニタ・日本アルミ・ アカオアルミ販売・セブジャパン・リスなど

・主要取扱商品: アルミ製品、プラスチック製品、鉄製品、ステンレス製品、ガス器具、電気小物製品、軽家具、住設製品、雑貨など