創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 天馬株式会社 > 時短、洗濯物干し 天馬の2017年新商品
2017年07月21日

時短、洗濯物干し 天馬の2017年新商品


 
新製品商談会、2017年8月4日まで
天馬(東京都)は「2017年 新製品発表商談会」を2017年7月18日~8月4日、同社本社で開いている。

2016年、洗濯用品市場に参入したのに続いて浴用品や英国ブランドの台所用品、アルミ製脚立、ペット関連用品なども先行販売のほか、一部参考出品として発表した。企画力・営業力・販路など、今ある経営資源を積極的に生かしていこうという姿勢をのぞかせた。

洗濯用品では後発メーカーのメリット訴求として「時短」を掲げ、他社との違いをきめ細かく掘り起こした。「時短」をテーマに、乾燥時間の短縮やアイロン掛けの作業効率アップなど、役立つ洗濯関連用品を前面に押し出した。

幅広ハンガーやアーチ状配列のピンチ、意識的に空間を作る人体ハンガーなど、風の流れを呼び込む設計構造を採用した。
アイロン掛けの時短ではアイロン掛けが滑らかなアルミコートや凹凸の解消、作業後の折り畳みが簡単。シャツの襟(えり)やハンカチがわずかなスペースでもでき、2つに折り畳めばA4判になる新商品なども発売する。

物干しではアルミパイプ・既存品の68%の軽量・錆にくい(PS-04KA)。4人家族の2日分(25kg)を一度に干せる伸縮(PS-30)、干す量・干す場所に合わせてサイズ調整ができて畳めば厚さ14cmになるPS-29などが新しい。

主力部門の収納では既存品の使い勝手を掘り下げた新タイプを投入。フィッツ収納では幅65cmシリーズに深型引き出しタイプを投入した。シャツやセーターを立てて収納。収納力は1.4倍。既存シリーズとも高さを統一できる。

「スキピタ」はリビング、キッチン、洗面、トイレなどのすき間に、ストッカー・ワゴン・ボックスを組み合わせる自由度の高いシリーズ。オープンキッチンが増えている住居変化に向けた。パーチクルボード化粧板も発売。

シックで心地いい玄関を提案として、つや消し黒色でシリーズ化(「美 style」)。シューズラック、下駄箱廻り、傘立てなど、きめ細かく使い勝手を考えたアイテムを投入。

新規分野としてインドアポット、素焼きの鉢などを投入し、小売店の初回導入のしやすい仕組みを提案した。

天馬株式会社 https://www.tenmacorp.co.jp/
東京都北区赤羽一丁目63番6号