創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 見本市・発表会・セミナー・キャンペーン > テーブルウェア・フェス2018 2017年2月4日から東京ドームで
2017年11月29日

テーブルウェア・フェス2018 2017年2月4日から東京ドームで

 

「テーブルウェア・フェスティバル2018 ~暮らしを彩る器展~」が2018年2月4日(日)~2月12 日(月)の9日間、東京・後楽園の東京ドームで開かれる。

 日本の名窯をはじめ、海外ブランドなど集め、食事やお茶の楽しみ方を世界から集められるという国内最大級の器の祭典。毎年来場者は28万人。

 今回の特集企画は海外では英国、国内では笠間焼・益子焼などにスポットを当てる。関係の人・物・歴史など幅広く、より深く器とその広がりを考えようというねらい。入場料は1800円(前売り)、当日は2100円。

▽特集企画Ⅰ「英国Style of Life」
 暮らしの中にガーデ二ングや紅茶の文化が息づく英国。英国スタイルの「今」を紹介。何気ない日々の食卓から、ちょっと特別な日のシーンまで、伝統を受け継ぎ、質の高いカジュアルやモダンで遊び心のある「英国」スタイル。

▽特集企画Ⅱ「うつわに息づく用の美~笠間焼・益子焼~」
日用食器の一大産地、茨城県・笠間焼と栃木県・益子焼。
 民藝運動で提唱された、用の美、日常の中にある美を紹介。

▽テーブルセッティングによる食空間提案
 石坂浩二さん、小倉優子さん、黒柳徹子さん、東儀秀樹さんなど、各界の著名人が、日々の暮らしを彩る「おもてなしの食空間」を個性豊かなテーブルセッティングと共に紹介する。

▽展示販売コーナー
▽第26 回テーブルウェア大賞 ~優しい食空間コンテスト~

【問い合わせ先】
東京ドームシティわくわくダイヤル 電話03・5800・9999
 主催は読売新聞社、後援には駐日英国大使館、経済産業省、NHK、日本陶磁器協会、食空間コーナーディーネート協会など。