創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > インタビュー > インタビュー 菊池嘉聡・タイガー魔法瓶社長
2018年06月03日

インタビュー 菊池嘉聡・タイガー魔法瓶社長


  菊池嘉聡・タイガー魔法瓶社長

健康、省エネ・時短、新たな市場をキーワードに上げています。大きな方針は変わってませんが、タイガー魔法瓶の成長を求めていくなら、海外市場を狙うのは不可避です。

今、中期経営計画の2年目です。昨年、取り巻く環境は良くなかったのですが、残りの2年間で計画をどうやって仕上げていくか。芳しくなかった要因は明らかなので、短期的に取り組んでいく分には問題は感じていません。

ただ、中長期的な視点で見ると、時代の大きな転換点に差し掛かっているといえます。マーケットが好転していくというイメージがわいてきません。現状維持では変化や期待はできない。

そうした中で、タイガー魔法瓶は商品をどうやって構成していくかが大事な課題でしょう。

例えば、共同で物事を進めていく。他社との共同事業には可能性が見出せます。

待ちの姿勢で既存のスーパーや電器量販店では今以上の成長値を期待できません。力のあるところの知恵と力をお借りし、そこで、われわれのやりたいことを理解していただくように努力をしていきたい。

そうした動きが急伸するとは思いませんが、成功事例が強力な突破口となるのではないでしょうか。やがて当社のソリューションとなり、次の新しい柱になっていけたらいいと考えています。
(インタビューは2018年5月31日、大阪市内で開いた2018タイガー新製品商談会会場で)