創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 統計・調査・アンケート > 増税は家庭菜園を促す タキイ種苗が調査
2014年05月05日

増税は家庭菜園を促す タキイ種苗が調査

増税で「食材の保存」意識が高まってきた
タキイ種苗(京都市下京区)は、消費税増税から約半月経った時点で、20~50代の子どもを持つ女性220人を対象に「家庭の食卓」に関する意識変化の調査を実施しました。

488人を対象に「消費税増税により家計に影響を受けているか(受けそうか)」との設問を用意し、「受けている(受けそう)」が約8割(78.3%)との回答を得ました。さらに「消費税増税に伴い、食費を減らしましたか(減らす予定ですか)」との問いには、約半数(45.1%)が「減らす」との回答でした。

「減らす」と回答した220人に、「消費税増税によって食材の保存に関する意識は高まったか」「消費税増税をきっかけに(節約の意味も込めて)家庭・ベランダ菜園をスタートしたいと思うか」などを調査しました。

「増税によって食材の保存に関する意識は高まりましたか」の設問には、第1位「高まった(30.5%)」と、第2位「やや高まった(55.5%)」を合計すると、9割近くが節約のために「食材の保存」を意識し始めたことが分りました。

Q. 消費税増税によって食材の保存に関する意識は高まりましたか?(SA) <n=220>
年代別クロス
9割近くが「高まった」という結果。
これからの季節に向けて、『正しい食材の保存方法』も重要になってきます。また年代別のクロス集計によると、20代が他の年代を大きく引き離し「高まった(43.6%)」と回答したことが明らかになりました。

Q. 消費税増をきっかけに(節約の意味も込めて)家庭菜園(ベランダ菜園)をスタートしたいと思いますか?(SA) <n=220>
節約術の一つとして、2人に1人が「家庭菜園(ベランダ菜園)をスタートしてみようと思う」と言う結果が得られました。

【タキイ種苗 消費税増税と家庭の食卓に関する調査】
◆調査期間:2014年4月22日(火)~4月23日(水)
◆調査方法:インターネット調査
◆調査対象者:全国在住の子どもを持つ20~50代の女性
◆有効回答数:220サンプル