創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 統計・調査・アンケート > 浄水器、使われなくなりつつあるの?
2014年04月09日

浄水器、使われなくなりつつあるの?

浄水器を現在利用している人は4割弱で減少傾向。浄水器選定時の重視点は、「価格」「維持費」「メーカー・ブランド」が上位3位だった。
これはマイボイスコム(東京都千代田区)が2014年3月1日~5日に『浄水器』に関してインターネット調査を実施し、11,878件の回答を集めたもの。

【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18808/

(浄水器を利用している・利用したことがある方)あなたのご家庭で利用している浄水器のタイプをお聞かせください(複数回答可) 

浄水器利用経験者の、利用タイプは「蛇口直結型」(44.7%)が最も多く、「据え置き型」(20.6%)が続きます。 借家・集合住宅居住者では「蛇口直結型」、持ち家・集合住宅居住者では「アンダーシンク型」、一戸建て居住者では「据え置き型」がやや多くなっています。

浄水器の利用状況、利用しない理由
浄水器の利用経験者は5割強で、現在も利用者している人は38.4%。過去調査と比べて減少傾向です。現在利用者の比率は、40代以上や関東・近畿・九州、集合住宅(持ち家)居住者で高くなっています。

利用している浄水器のタイプは「蛇口直結型」が最も多く、利用経験者の44.7%です。

「据え置き型」が20.6%で続きます。集合住宅(借家)居住者では「蛇口直結型」、集合住宅(持ち家)居住者では「アンダーシンク型」、一戸建て居住者では「据え置き型」がやや多くなっています。

浄水器を利用していない人に、利用しない理由を聞いたところ、「水道水で十分」(37.1%)が最も多く、「カートリッジ代など維持費がかかる」「それほど水にこだわりがない」「価格が高い」などが各2割強で続きます。

北海道・東北・北陸・中部では、「水道水で十分」が各4~5割みられます。