創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 商品 > 「母の日」ギフト 栗原はるみプロデュース生活雑貨ブラ ンド
2014年04月20日

「母の日」ギフト 栗原はるみプロデュース生活雑貨ブラ ンド

ゆとりの空間(東京都目黒区)の生活雑貨ブランド「share with Kurihara harumi」は、2014年4月16日、“母の日の贈りもの”をテーマに、母の日ギフトにおすすめのエプロンやファッション雑貨を発売しました。
main image
今年の母の日は、5月11日(日)です。share with Kurihara harumiでは、母の日の贈りものにおすすめのアイテムとして、チェックや花柄のエプロンをはじめ、お出かけや旅行に活躍するファッション雑貨、夫婦で仲良く使えるペアのカップや夫婦箸などを用意しました。

各店舗では“母の日フェア”を開催するほか、ビーフシチューやパスタなどのレシピ付きミニブックを配布します。

■母の日の贈りものにおすすめの新商品
【家事を楽しく:エプロン】
・家事をするときにもうれしい、薄手で涼しく軽い素材の花柄エプロン「アンティークローズエプロン」5,940円(税込)、「アンティークローズギャルソン」4,320円(税込)
・左右の前身頃を重ねて着るカシュクールタイプ。ベスト風にも楽しめます「シャーリング千鳥カシュクールエプロン」9,180円(税込)

【お出かけに:ファッション雑貨】
・洗いざらしのような風合いのリネンバッグ。マチ付きで収納力も抜群「リネントートバッグ」6,912円(税込)
・インド綿の大判ストール。シンプルなチェック柄は飽きのこない長く使えるデザイン「ストール コットンチェック柄」5,400円(税込)

【お父さんと一緒に:ペアの贈りもの】
・夫婦でゆっくり楽しむティータイムに「ドットカップ&ソーサー」1,836円(税込)
・女性も持ちやすい形状のカップ。イエローとブルーをセットで「ボーダー カップ」各1,728円(税込)
・“毎日のごはんを二人で楽しんでね”と気持ちを込めて贈りものに「八角面取り夫婦箸」3,888円(税込)、「六角夫婦箸」3,240円(税込)
・ギンガムチェックと千鳥格子で、男女ペアで作ったエプロン「ポイントリボンギンガムエプロン」6,372円(税込)、「メンズ千鳥チェックエプロン」6,372円(税込)
その他の商品など詳しくはこちら>> http://www.yutori.co.jp/tsutaetaikoto/10/index.html

■販売期間
2014年4月16日(水)~

■販売店舗(2014年4月16日現在)
・全国主要百貨店内ショップ「share with Kurihara harumi」 55店舗
・レストラン併設型ショップ「ゆとりの空間」 5店舗
・オンラインショップ 4店舗
※ショップリスト http://www.yutori.co.jp/restaurant/index.html

■関連情報
【母の日フェア】2014年4月16日(水)より、全国の「ゆとりの空間(ショップ併設店舗)」「share with Kurihara harumi」、及びオンラインショップで“母の日フェア”を開催します。

<キャンペーン> 4月16日(水)~ 5月11日(日)

【レシピ付きミニブックの配布】
上記発売日より、ビーフシチューやパスタなどのレシピ付きミニブックを、全国の「ゆとりの空間(ショップ併設店舗)」「share with Kurihara harumi」で配布します。
オフィシャルWEBサイト上からもPDFでご覧できます。(約1.4MB)
http://www.yutori.co.jp/pdf/yutorinokukan_04.pdf

share with Kurihara harumi(シェア ウィズ クリハラ ハルミ)
料理家 栗原はるみプロデュースによる生活雑貨ブランドです。“こんなものがあったらいいな”という栗原はるみの思いを形にした生活雑貨は、和食器、洋食器、漆器、調理器具、エプロン、ウエア、布小物などに展開。
機能や 使い勝手のよさはもちろん、その器や調理器具があるだけで暮らしがもっと楽しくなるように、主婦の目線でものづくりをしています。

栗原はるみ プロフィール
『ごちそうさまが、ききたくて。』(文化出版局)ほか、著書発行部数2,400万部を超える人気料理家。パーソナルマガジン『haru_mi』(扶桑社)、レギュラーTV番組『Your Japanese Kitchen』(NHK WORLD TV)などで活躍中。2013年4月より、料理番組『きょうの料理』(NHK Eテレ)に月イチレギュラー出演中。
オフィシャルブログ「はるみDIARY」http://www.yutori.co.jp/harumi_diary/