創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 商品 > 2合以下が炊ける炊飯器 日立アプライアンス
2014年07月05日

2合以下が炊ける炊飯器 日立アプライアンス

c2d55d13ed63306616f40eef9c71c436.jpg  46d8071b0d180354d5902fb0d40a47f6.jpg


日立アプライアンスは2合・1合や、5.5合もおいしく炊ける5.5合(1.0L)IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」RZ-VW3000Mを7月10日から発売します。

9月中旬には2合以下の少量がおいしく炊けて、おひつ部だけを食卓へ持ち運べる2合(0.36L)IH炊飯器「おひつ御膳」RZ-VS2Mを発売します。

おいしく炊くポイントは98℃以上の高温でしっかり蒸らすこと。5.5合(1.0L)タイプの「ふっくら御膳」は、1.3気圧で沸点を107℃に上げた状態でスチームを発生させる日立独自の「圧力&スチーム」や、真空断熱構造に加え、新開発「大火力側面ヒーター」を搭載することで、2合以下の少量炊飯時でも内釜の中にできる空間を高温に保ち、おいしく炊き上げます。

一方、2合タイプ(0.36L)の「おひつ御膳」は、蓄熱性を高めた内釜「重厚打込鉄釜」を「フレックス真空断熱材」などで囲う「全周断熱構造」などで高温を保ち、しっかり蒸らしておいしく炊き上げます。

おひつ部と熱源部が分けられる本体分離構造の採用で、おひつ部だけを食卓に運んで、食べられます。ごはんを好みの硬さに合わせやすいよう、水の加減がしやすい水位線を内釜に採用。

2機種とも当初月産台数はそれぞれ4000台。

【お客様相談センター】
電話 0120-3121-11(フリーコール)
受付時間 9:00~17:30(月~土)、9:00~17:00(日・祝日) 年末年始を除く