創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 決算・業績・合併・提携など > セブン&アイ H2Oリテイリングと業務資本提携へ
2016年10月06日

セブン&アイ H2Oリテイリングと業務資本提携へ

  seven.jpg  「ロゴ H2o」の画像検索結果

3c9d9acfe3a91bf0ca69c8af142d04fc.jpgクリックすると大きく表示

 セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区、セブン&アイ)とエイチ・ツー・オー リテイリング(大阪市、H2O)は2016年10月6日、業務資本提携の基本合意を交わした。今後、両社で提携に関する協議を進めていく。

 事業提携内容は、①H2Oがそごう・西武の「そごう神戸店」「西武高槻」「そごう西神店」の事業を承継②H2Oのポイントプログラム「Sポイント」を関西圏のセブン-イレブン・ジャパンで導入など。

 資本提携ではH2O発行済みの総株式の3%に相当する金額(57億円)の株式を相互に持ち合うとしている。

 阪急百貨店と阪神百貨店、スーパーのイズミヤなどがあるH2Oを「戦略的なビジネスパートナー」と見るセブン&アイにとってこの提携は関西圏に限定的だが、H2Oが進めているポイントを導入することで客の囲い込みに拍車を掛け、百貨店業態のてこ入れ・見直しやこのほか、セブンが進めている金融やITサービスなど複合的に展開していく。

 関西での出店が出遅れていたセブン&アイだったが、西日本JRの駅でのコンビニ店の全面出店に見られるように、先発の競合店舗をしのぐ推進力が注目されている。

「今後はエリア・業態ごとの『選択と集中』を進めていくことが必要不可欠との経営判断に基づく」と、セブン側では説明。苦戦の百貨店事業の建て直しなどにも力を注いでいく。

 H2Oの「Sポイント」とは現金・商品券・クレジットカード・電子マネーなど関西で使えるいろいろな決済手段に対応している。鉄道や百貨店事業の集大成として、グループ企業の内外が参画して2016年4月下旬、開始。クレジット機能付きカード・地下鉄・私鉄でのPiTaPa機能付きカードとして使えるなど、「ポイントが溜まりやすい。使いやすい」として、拡大を図っている。