創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > ジョイフル本田、HC売上高605億円 駆け込み需要効果
2014年08月25日

ジョイフル本田、HC売上高605億円 駆け込み需要効果

201406_01.jpgクリックすると大きく表示

​ ジョイフル本田(茨城県土浦市)の今年4月、東証一部に上場後、初の連結決算。
 生活雑貨部門は消費税増税前の駆け込み需要で、トイレットペーパーや洗濯洗剤などの大容量品、パック品の動向が良好だった。

 新生活に関連して一般調理器具の販売が伸び、売上高は前連結会計年度に比べ1億7200万円増加し、605億2400万円(前連結会計年度比0・3%増)だった

【今期見通し】 ホームセンター事業は商品の強化や新規事業に取り組む。
 店舗への設備投資を継続し、光熱費や修繕費などのコストダウンにも取り組んでいく。

【関連記事】
ジョイフル本田 東証1部 上場初の第2四半期業績 http://livingtimes.co.jp/?p=2597