創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 業界のニュース > いつでも食べられる「象印食堂」 今秋・なんば駅隣接
2018年04月03日

いつでも食べられる「象印食堂」 今秋・なんば駅隣接

「象印食堂」 2018年10月、南海なんば駅隣接ビルに開業

象印マホービンが運営する和の食堂が今秋、南海なんば駅に隣接の「なんばスカイオ」に開店する。高級炊飯ジャーで炊いたご飯と家庭料理がいつでも食べられる。

提供される献立は和食。和食を中心とした料理教室などを運営する吉田麻子氏が献立などを監修する。

象印マホービンでは2016年と17年、東京と大阪で期間限定の食堂を開設したが、評判は上々で、「期間限定でない、いつでも食べられる食堂を」という声も多くあったことから、常設の営業に踏み切るもの。「なんばスカイオ」での常設出店は全国で初めてとなる。

建設中のなんばスカイオは高さ148m。高機能・大規模オフィス、先端・予防医療ができる大型クリニック、都市型コンベンションホール、国内外からの来訪者を受け入れる情報発信・サービス機能を備えている。

象印食堂が入店するスカイオ6階は健康をテーマに、食・体・美のキーワードに「健康」をサポートする施設を備える。同じビルにはセミナーなどナレッジ機能があり、象印ブランドの情報発信基地として活用していく。なんば駅に繋がり、スイスホテル南海大阪の海外観光宿泊客などの利用も想定。

象印食堂(ZOJIRUSHI “GOHAN” RESTAURANT)
住所: なんばスカイオ 6 階
大阪市中央区難波5丁目1番60号
定休日: なんばスカイオの定休日と同じ
店舗営業時間: 11:00~23:00(22:30 ラストオーダー)を予定
開業予定日: 2018 年 10 月中旬(なんばスカイオの開業と同じ)