創刊から48年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 書籍 > 予約のとれない和食店の家庭料理本 『くろぎのおかず』
2015年04月08日

予約のとれない和食店の家庭料理本 『くろぎのおかず』

KADOKAWA 角川マガジンズ ブランドカンパニー(東京都千代田区 )は、2015年3月27日に『くろぎのおかず』 を発売した。おかず83品を和食界の“神の子”黒木純さんが公開している。

                                       

  

 
◆肉が主役のおかず◆野菜が主役のおかず◆大皿のおかず◆お浸し、和え物◆気の利いた常備薬◆ほめられおかず◆炊き込みご飯と味噌汁 ◆くろぎのまかない

◆小山薫堂との対談も◆
「おかず」について、黒木さんとの対談を収録。当たり前〟が充実するって最高の贅沢だと思うんです。食べ物なら日々食卓に並ぶ素朴なおかずが美味しい、それってとても素敵なことですよね。暮らしを豊かにするための、日常のアイテムとして、黒木さんのおかずの作り方を手にするなら、ものすごく素晴らしい宝物を手に入れることになるんじゃないでしょうか。(放送作家・脚本家)

著者:黒木 純(くろぎ じゅん)
“日本一予約がとれない”と称される割烹「くろぎ」主人。「食材の声を聞く」を心得とし、伝統的な技術に裏づけされた、ライブ感あふれる調理を行う。1978年、宮崎の割烹に生まれ、日本最高峰の和食店「京味」で修業を積む。京料理の3大要素である「懐石料理」「精進料理」「惣菜(=おかず)」を習得し、2008年「湯島121」を構え、2010年「くろぎ」と名を変える。http://www.kurogi.co.jp/

『くろぎのおかず』
著者:黒木 純
発売日:2015年3月27日
体裁:B5判・120ページ
定価:本体1500円+税
発行:株式会社KADOKAWA