創刊から49年続く日用品・生活雑貨専門の業界紙です。話題商品・業界最新情報をいち早くお届けします。

生活雑貨の業界紙:リビングタイムス
トップ > 書籍 > レシピ本 「塩レモン」 池田書店
2014年05月28日

レシピ本 「塩レモン」 池田書店

池田書店(東京都新宿区)は、書籍「おいしい新調味料 塩レモン・塩ゆずレシピ」を2014年5月13日、発売しました。

                                       main image

「塩レモン」「塩ゆず」はレモン、ゆずを切って、それぞれ塩に漬けるだけの簡単な新感覚調味料。「塩レモン」を使ったレシピは、最近家庭で作る人が増えており、テレビなどでも取り上げられ話題になっています。本書は和食によく合う「塩ゆず」のレシピも併せて紹介したレシピ集です。

誰にでも簡単につくれる常備調味料
レモン(ゆず)を切って、塩と一緒に密閉容器に入れ、冷蔵庫において漬けるだけ。一週間後から使えます。
▼ 肉も魚もまろやか味にする万能調味料レモンの酸と塩の作用で、肉をやわらかくしたり、魚の臭み取りにも効果的。素材のうま味を引き出して、すっきりした酸味のまろやかな味つけができます。
▼ レモン&ゆずを使ったヘルシー調味料レモンとゆずは、ビタミンCの含有量が柑橘類でトップクラス。ビタミンCは風邪予防やシミ、ソバカス、シワといったお肌のトラブルにも効果的。レモンのクエン酸は疲労回復や肩こり、筋肉痛、肝臓病などの予防、改善に有効で、リラックス効果もあります。ゆずには体をあたためる温熱作用があり、冷え性やリウマチにも効果があるとされています。
▼ シンプルでおいしい経済的な調味料基本的な味つけは塩レモン(ゆず)だけでできるので、余分な調味料は必要なし。柑橘系のさわやかな風味だけで、シンプルでおいしい料理が楽しめます。また、皮も果肉もまるごと無駄なく使えるので、エコで経済的な材料といえます。

おいしい新調味料 塩レモン・塩ゆずレシピ
著者:高橋雅子
定価:本体1000円+税
判型:A5判発行/発売 
株式会社 池田書店

【著者プロフィール】
高橋雅子(たかはし まさこ)1969年神奈川県生まれ。ル・コルドン・ブルーで製パンを学び、日本ソムリエ協会ワインアドバイザー資格を取得。1999年からパンとワインの教室「わいんのある12ヶ月」を主宰。料理との組み合わせも好評。2009年にベーグルショップ「テコナベーグルワークス」を開店。

主な著書に「おうちでバル【BAR】欧風的立ち飲みやさんのタパス99」(池田書店)、『「自家製酵母」のパン教室』『「続・自家製酵母」のパン教室』、「少しのイーストでゆっくり発酵パン」「テコナベーグルワークスレシピブック」(パルコ出版)、「わいんのある12ヶ月」(主婦と生活社)「鋳物琺瑯・多層ステンレス・土鍋 3つの鍋の使い分けレシピ帖」(平凡社)などがある。