ふわふわかき氷 自宅で楽しむ


貝印(東京都)はふわふわのかき氷が自宅でできるプロ仕様のKaiHouse 「本格かき氷器」新色ホワイトを2017年5月11日、発売した。

均質に薄く削れる刃は軽い力でも心地よい感覚で削れるなど、刃物メーカーとしてのノウハウを生かした。製氷器も均質で透明な氷が作れるオリジナル二重構造。レトロな感覚を漂わせるデザインで1000台限定販売。

新専門店の開店や台湾風かき氷スイーツ店の日本進出などで、氷の質や削り方からトッピングなどにこだわった「新しいデザート」として流行。2016年5月に発売した同機種(ブラック)が7月に完売したため、今シーズンは白のタイプを発売することになったもの。

氷を薄く均一に削るのに適したステンレス刃

従来の家庭用かき氷器は、ハンドルを回す際に上から抑える力の加減によって、氷にかかる圧力が変わるため、削れる氷が均質化されず、これが食感に影響した。これに対して、貝印のかき氷器は刃と氷の隙間を一定の小さな状態で保ち続ける業務用に採用されているウォームギア構造。

 

 

 

 

一般的な製氷器は空気穴や不純物を残したまま凍るため、均質な氷ができにくい。かき氷に適した均質で透明な氷を作れるよう二重構造設計にし、時間をかけてじっくりと凍らせる。これがふわふわの食感を生み出す氷となる。

KaiHouse「本格かき氷器」ホワイト
サイズ:220×220×435mm
1,820g
15,000円(税抜)
貝印株式会社
東京都千代田区岩本町3-9-5
http://www.kai-group.com/store/