統計・調査・アンケート」カテゴリーアーカイブ

ホームセンター 3月販売額 2622億円(0.3%減)

「家庭用品・日用品」が557億円、5カ月連続減少

「関東」は1.2%増加の1131億円

業績不振もどらず
 経済産業省がまとめたホームセンターの2017年3月の商品販売額は前年の同じ月に比べて0.3%減って2622億円だった。2016年11月と17年1月にやや持ち直したが、2017年8月以来、業績の後退が続いている。

店舗数は前月に比べて7店舗増えて4271店舗だった。

商品部門別の販売額は「ペット・ペット用品」「オフィス・カルチャー」「その他」を除いて、6部門で前年に比べて減少した。「家庭用品・日用品」が557億円、5カ月連続減少している。

地域別の販売額は8カ月連続減が「中部」「近畿」「四国」。「関東」は1.2%増加の1,131億円、5店舗増えて1373店舗。

ホームセンター販売額 2017年2月 全地域で減少

経済産業省がまとめたホームセンターの2017年2月の商品販売額は前年の同じ月に比べて2.0%減って2432億円だった。2016年8月以来、業績の後退が続いている。

店舗数は前月に比べて1店舗増えて4264店舗だった。
商品部門別の販売額は「家庭用品・日用品」が488億円、4カ月連続減少している。

「インテリア」は7カ月連続の減少。「オフィス・カルチャー」も5カ月連続の落ち込みから抜け出ていない。

地域別の販売額は7カ月連続減が「中部」「近畿」「四国」。「北海道」も5カ月の落ち込み。

2017年1月ホームセンター販売額 横ばい

「家庭用品・日用品」の販売額は530億円、3カ月連続減少

地域別の販売額は「関東」と「東北」「九州」を除く5地域で前年の同じ月に比べて減らした

経済産業省がまとめたホームセンターの2017年1月の商品販売額は前年の同じ月に比べてほぼ同額の2432億円だった。昨年11月、0・8%増の回復があったが、低迷は8月から続いている。

店舗数は前月に比べて10店舗減った。「近畿」では1店舗増えたが、「関東」6店舗、「中部」3店舗減った。

商品部門別の販売額は「家庭用品・日用品」が530億円で3カ月連続減少。
衣料品や食品、飲料、酒類、薬品、灯油などを含む「その他」が5カ月連続で増えているが、「園芸・エクステリア」を除いて7部門が前年同月比減となっている。
地域別の販売額は「関東」と「東北」「九州」を除く5地域で前年の同じ月に比べて減らした。

ホームセンター販売額 1.7%減 2016年12月

12.jpg​​クリックすると大きく表示

12_2.jpg​​クリックすると大きく表示

 経済産業省がまとめたホームセンターの2016年12月の商品販売額は前年の同じ月に比べて1・7%減少の3319億円だった。前月(11月)は4カ月ぶりに回復したものの12月には再び、減少した。

 店舗数は前月に比べて16店舗増えた。「関東」6、「中部」3、「近畿」1、それぞれ増加。

 商品部門別の販売額は「家庭用品・日用品」が775億円で2カ月連続減少。「DIY用品・素材」は637億円で1・4%減。「インテリア」は5カ月連続減と低迷している。

 地域別販売額では「九州」を除いた全6地域で減少した。なかでも「中部」と「近畿」は前年の同じ月に比べて連続4カ月減った。

シニア世代のお小遣い 2万~3万円台が2割

 心身とも元気な高齢者が増えたことから、「時代に合わない」として、政府は高齢者の定義の変更検討している。内閣府の2014年調査による「当人たち」の実感では「75歳」が28%に対して、「65歳」はわずか6%だった。

この世代は「シニア」とも呼ばれ、シニアビジネスを掘り起こそうとする機運が高まっている。

 16年秋、インターネットを活用した調査会社が調べたシニアの懐具合いでは1カ月2万円~3万円とする回答が2割を占めている。

【調査】
自分のために1カ月間に自由に使えるお金(おこづかい)の額は。(SA) n=600

・5,000円未満・・・9.3%
・5,000~10,000円未満・・・13.7%

・10,000~20,000円未満・・・14.5%
・20,000~30,000円未満・・・20.8%

・30,000~40,000円未満・・・9.7%
・40,000~50,000円未満・・・11.5%

・50,000~60,000円未満・・・5.3%
・60,000~70,000円未満・・・1.8%

・70,000~80,000円未満・・・0.8%
・80,000~90,000円未満・・・0.5%

・90,000~100,000円未満・・・4.0%
・100,000円以上・・・3.3%

・自由に使えるお金(おこづかい)はない・・・4.7%
 
20170117_113201.png

「シニアのファッション」に焦点を当てたアンケート調査は
マーケティングリサーチ会社・株式会社マーシュ(東京都渋谷区)が全国の60歳以上の男女を対象に、「シニアのファッションに関するアンケート調査」として実施したもの。

調査日は2016年10月18日~10月20日。同社運営の「D STYLE WEB」のアンケートモニター会員が対象。

調査対象者: 全国、60歳以上の男女
有効回答数: 600s
割付: 性別均等
調査期間: 2016年10月18日(水)~10月 20日(木)
調査方法: インターネット調査
調査機関: 株式会社マーシュ
アンケートモニターサイト「D STYLE WEB」(http://www.dstyleweb.com/)の登録会員を対象に実施

ホームセンター販売額 回復4カ月ぶり 2016年11月

272fe359516ac22dcfc017cdfda8be9a.jpg
5094228f874e13dd02d927ca591f0063.jpg

 経済産業省がまとめたホームセンターの2016年11月の商品販売額は前年の同じ月に比べて0・8%増えて2736億円で、4カ月ぶりに回復した。

 店舗数は前月に比べて12店舗増え、4255店舗。最多増は「関東」で、10店舗増えて1366店舗となった。

 商品部門別の販売額は「家庭用品・日用品」が前年同月比1・7%減って579億円だった。このほか、10月に比べて増やしたのは「DIY用品・素材」2・9%増、「電気」4・1%増、「園芸・エクステリア」2・5%増で、それぞれ2~4カ月ぶりに回復した。

 一方、「インテリア」は8月から連続4カ月減少している。

 地域別販売額の増減は「関東」が1・0%増、「中部」1・2%減、「近畿」0・0%減。

ホームセンター販売額 3カ月連続減少 2016年10月

1610_2.jpgクリックすると大きく表示

1610.jpg

 経済産業省がまとめたホームセンターの2016年10月の商品販売額は前年の同じ月に比べて0・4%減って2738億円だった。8月から連続3カ月の減少だ。

 店舗数は前月に比べて9店舗増えて4243店舗。「中部」で4店舗増えたほか、「関東」が2店舗増、「近畿」が前月と同じ店舗数だった。

 商品部門別の販売額は「家庭用品・日用品」が前年同月比で2カ月ぶりに増加に転じて591億円。「ペット・ペット用品」は2カ月連続増で、219億円だった。しかし、6つの部門で減少した。

 地域別では統計のない「沖縄」を除き、全8地域が減少。「関東」は前年同月比0・1%減の1158億円。「中部」は同0・6%減の283億円、「近畿」は同0・8%減の394億円だった。主要3地域は共に3カ月連続減少。

2016年9月ホームセンター販売額 2カ月連続減少

 経済産業省がまとめたホームセンターの2016年9月の商品販売額は前年の同じ月に比べて4・3%減って2468億円だった。

 店舗数は前月に比べて2店舗増えて4234店舗。「関東」は前月と同じで1354店舗。「中部」は2店舗減り400店舗。「近畿」も2店舗減で597店舗。

 商品部門別の販売額は「ペット・ペット用品」と「オフィス・カルチャー」を除き、7部門で前年同月比を割り込んだ。「家庭用品・日用品」は1・9%減の565億円で、2カ月連続減少だった。

 地域別では「北海道」を除き、「関東」「中部」「近畿」など7地域で8月以来、2カ月連続で減った。

20169.jpgクリックすると大きく表示

20169_2.jpgクリックすると大きく表示

ホームセンター 2016年8月販売額 全地域で前年同月比減少  

20168_2.jpgクリックすると大きく表示

20168.jpg

 経済産業省がまとめたホームセンターの2016年8月の商品販売額は前年の同じ月に比べて2・8%減って、2781億円だった。

 店舗数は前月に比べて10店舗減り、4232店舗だった。減らした地域は「関東」2、「中部」4、「近畿」3、「九州」1。

 商品部門別では「家庭用品・日用品」が前年同月比2・9%減の661億円で、昨年7月から13カ月続いた増加がストップした。「インテリア」も2カ月間の増進が失速した。

 一方、「DIY用具・素材」は今年1月以来、8カ月連続の増進中である。

 地域別の販売額では統計のない「沖縄」を除き、全8地域が前年の同じ月に比べて減少した。

 「関東」2・3%減、「中部」4・7%減、「近畿」3・8%減。「東北」は4カ月連続で減少している。

ホームセンター 2016年7月販売額 2カ月連続増

  7月、3.7%増2935億円 4242店
 経済産業省がまとめたホームセンターの2016年7月の商品販売額は前年の同じ月に比べると、3・7%増えて、2935億円で、2カ月連続の増加となった。

 店舗数は前月に比べて8店舗増え、4242店舗だった

 商品部門別では「家庭用品・日用品」が昨年7月から13カ月連続増を更新中で、3・2%増の682億円。「インテリア」も2カ月連続増。「ペット・ペット用品」は統計を取り始めた14年度以来、順調に伸ばしている。「DIY用具・素材」は今年1月以来、7カ月連続の増進である。

 経済産業局が分類している地域別の販売額は、「関東」が前月に比べて2・9%増、「近畿」「中部」とも2カ月連続で増やしている。

 統計のない「沖縄」を除いた8地域のうち、増加率がもっとも高かったのは「九州」10・8%だった。「北海道」と「東北」がともに2カ月続いて前年同月比を下回った。

HC20167.jpgクリックすると大きく表示
HC20167_2.jpg​​

ホームセンター 2016年2月販売額 3.7%増

bbd58175a14305915cb1318d1a2a9a3d.jpg
2b9bdfde9c34bb53ea09aeebe4bf6f05.jpg​​クリックすると大きく表示

 経済産業省がまとめたホームセンターの2016年2月の商品販売額は前年の同じ月に比べると、2・3%増えて2234億円だった。2カ月連続の増加となった。店舗数は前月に比べて4店舗増え、4203店舗だった。

 商品部門別では、「家庭用品・日用品」が9部門中1位で前年同月比6・9%増の507億円。昨年7月以来、8カ月連続増加している。

 前年同月比の増加率2位の「ペット・ペット用品」は6・3%増、184億円。3位「DIY用具・素材」は4・5%増の498億円。

 経済産業局が分類した地域別では統計のない「沖縄」を除いて8地域全部で前年同月比増だった。

「関東」は同0・8%増の989億円、「近畿」は同2・8%増の332億円、「中部」は同3・8%増の227億円だった。

【統計】ホームセンター 2016年1月販売額 3.1%増

  9ba2a45a51fe3e97b1a96ea05a1f2201.jpgクリックすると大きく表示
  c0738dd7257240f2a5855b6021ff2a7f.jpgクリックすると大きく表示
 

 経済産業省がまとめたホームセンターの2016年1月の商品販売額は前年の同じ月に比べると3・1%増の2430億円だった。昨年11月と12月、2カ月間減少したが取り戻した。

 店舗数は前月に比べて2店舗減り、4207だった。

 商品部門別では「その他」を除いて8部門全部が増加した。「家庭用品・日用品」が昨年7月以来、7カ月連続増進。1月は前年度月比5・5%増の535億円となった。

 10%超の増加となった「電気」は225億円。「カー用品・アウトドア」は7・5%増の126億円、「ペット・ペット用品」は5・95増の190億円。

 経済産業局が分類した地域別でも統計のない「沖縄」を除いて8地域全部で前年の同じ月に比べて増加した。

 「関東」は前年同月比0・9%増の1078億円、「近畿」は同4・9%増の347億円、「中部」は同4・9%増の243億円だった。

ホームセンター「家庭用品」 6カ月連続増 

HC201512_2.jpgクリックすると大きく表示
HC201512.jpg
 経済産業省がまとめたホームセンターの2015年12月の商品販売額(確報)は前年の同じ月に比べると2・7%減り、3376億円だった。2カ月連続前年同月比が減少した。

 店舗数は前月に比べて12店舗増えて4209だった。

 商品部門別では、「家庭用品・日用品」が前年の同じ月に比べて4・3%増やした。同年7月から6カ月連続増やし続けている。
 このほか、「ペット・ペット用品」1・9%増、「オフィス・カルチャー」1・2%増、「インテリア」0・8%増。

 地域別(経済産業局別)の販売額は沖縄を除いた8地域のうち、前年同月比増だったのは「四国」3・0%増と「九州」2・3%増だけとなった。
「関東」4・4%減、「中部」0・7%減、「近畿」1・5%減だった。