書籍」カテゴリーアーカイブ

本『東京手しごとの店めぐり』ぴあMOOK

『東京手しごとの店めぐり』

モノから学ぶ丁寧な暮らし方
「好きなものを大事に長く使いたい」住まい方の人たちに向けたガイド本。
暮らし方も仕事のスタイルも丁寧がにじむ日本人とその作り事を集め、今買える店を紹介しているガイド本。生活に役立てる本。手仕事の店が集まる地域の紹介もしている。

ずっと使いたい愛用品を探して
普段使いの良品あれこれ
使うほどにニュアンスが出てその変化が楽しめる帆布のバッグ、現代にこそオススメな江戸ほうき、究極の機能のシャツ、料理人を魅了する歴史ある銅鍋…。使えば使うほど味わいのある日用品を紹介。作り手の深い思いが込められている。

『東京手しごとの店めぐり』(ぴあ)ストーリーのある道具

誕生秘話から知るモノの魅力
ストーリーのある道具
理化学用・医学用のガラス製品を作る「HARIO」がなぜネルドリッパーを作ることになったのか。40年以上ランドセルを専門に作っている鞄製造所、一時業界からボイコットをくらった傘メーカー…。いずれもこだわり続けた結果が逸品を生んだ。

 

『東京手しごとの店めぐり』(ぴあ)器に夢中!

新しい感性で切り拓くモノづくりの未来
若手のチカラ

斬新な発想、老若男女から愛されるデザイン、飽くなき機能の追求……若い人たちのあふれる才能をもってして息を吹き返した品、新たな未来が見えるか。

未来と技を繋ぐ、職人の矜持
老舗の挑戦
日本に古くから息づく伝統と匠の技を今に伝える職人たち。素材のよさを誰よりもわかっている人の手わざをみよう。

そのほか――
職人たちが作るこだわりの逸品を多数紹介する「下町レボリューション」
器の特集
セレクトショップガイド
世界で唯一の宝物が見つかる「ハンドメイドマーケットサイト」
蔵町、日本橋、西荻窪など手しごとの店が多く集まる町をぶらぶらできる「町さんぽ」…

【巻末企画】
手しごとのある町さんぽ
蔵前/日本橋~人形町/西荻窪/渋谷/向島~曳舟

購入者特典 無料電子版付き
『東京手しごとの店めぐり』(ぴあMOOK)
定価:880円+税 A4判 98ページ
Amazon URL  https://goo.gl/4bP5PM
BOOKぴあURL http://piabook.com/shop/g/g9784835632377/

レシピ本 『あんこのおやつ』

和&洋素材と、あんこのおいしい組み合わせ69品を掲載した『あんこのおやつ』が2015年12月、誠文堂新光社(東京都文京区)から発売。

はさむだけ、 重ねるだけ、 のせるだけの簡単なお菓子から、 定番の和のおやつ、 意外な組み合わせが楽しい焼き菓子、 手軽に作れるカップデザートまで、 あんこ+和洋食材の意外な組み合わせが楽しめる、 新感覚のおやつを69品が紹介されている

   

気軽に作れるものばかりを紹介。 小豆を煮てストックしておけば、 材料をプラスするだけで、 おいしいおやつがすぐに完成する。 
和のおやつをはじめ、 ケーキやスコーンなどの焼き菓子、 プリンやムースなどのカップデザートなど、 和素材とも洋素材とも相性がよい、お手軽レシピ集。
 

大福、 おはぎ、 栗蒸し羊羹

【収録レシピ】
■作り方や保存方法など、 あんこの基本小豆あんの作り方/白粒あんの作り方/あんこサンド/あんこパフェ/あんこ玉など
■あんこがあればすぐできる、 和のおやつどら焼き/おはぎ/あんこ蒸しパン/草餅/桜餅/きんつば/栗蒸し羊羹など
■バターを使わないケーキやパイなどの、 焼き菓子パウンドケーキ/マフィン/スコーン/チーズケーキ/たると/シフォンケーキなど
■ぜんざい、 プリン、 ババロアなどの、 カップデザート冷やし豆腐白玉ぜんざい/あんこ餅/あんこのカスタードプリン/水ようかんなど
■ドーナツ、 飲み物などの、 こぼれあんこレシピドーナツ/胡麻あんペースト/さつまいもあんペースト/あんドーナツ/あんこのミルクシェイクなど

【著者プロフィール】
森崎繭香(もりさき・まゆか)さん
フードコーディネーター、 お菓子・料理研究家。大手クッキングスクール講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。企業向けレシピ開発や書籍、雑誌、WEBへのレシピ提供、テレビ、ラジオ出演など幅広く活動。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った作りやすいレシピに定評がある。
『焼かないケーキ』(日東書院本社)、『野菜たっぷりマリネ、 ピクルス、 ナムル』(河出書房新社)、『おかず蒸しパンと蒸しケーキのおやつ』(辰巳出版)、『豆腐クリームの絶品レシピ』『カップスタイルで簡単!スープの本』(共に枻出版社)などの著書がある。http://www.mayucafe.com/

 
『あんこのおやつ』
B5変形判、 96ページ
1,300円+税

【問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha 

たこ焼きを楽しむレシピ本

オークラ出版(東京都目黒区)が、たこ焼き器を使ったレシピ本『おとなも楽しい!たこ焼き器わいわいレシピ』を2015年11月20日、した。たこ焼き器を使って楽しめる62レシピを掲載。アヒージョや焼きおにぎりなどから、明日の弁当に使えるレシピなども紹介している。価格は680円(税別)発行元: 株式会社オークラ出版 http://goo.gl/8UQ5jj

    表紙

■著者 プロフィル
 宮沢 史絵(みやざわ しえ)さん。長野県長野市生まれ。大手料理教室に勤務し、作る楽しさを伝えていく中で、コーディネートによって広がる料理の世界に興味を持つ。現在は、企業販促用のレシピ開発や出版物、WEBなどへのレシピ提供のほか、カタログのフードスタイリングなどにも携わっている。

 

奈良市「ミアズブレッド」のレシピ本

奈良市の「MIA’S BREAD(ミアズブレッド)」は全国のパン好きの超人気店・店主の森田三和さん直伝の、基本のノウハウが詰まったパン好きによるパン好きのためのパン作りレシピ本『毎日食べたくなる! ミアズブレッドのパンレシピ』を誠文堂新光社(東京都文京区)が2015年11月、刊行した。

はじめてパンをつくる人でも成功できるよう、基本の手順はプロセス写真を掲載。サンドイッチやパンに合うスープのつくり方も紹介している。

   

   

 
1章 ミアズブレッドのパンの作り方
ベーシック編ではドライイーストを使ったレシピと、天然酵母を使ったレシピを紹介。アレンジ編ではパンの作り方やアレンジのコツの提案。基本の2種類のパン生地でパンの形や素材の色と組み合わせ。
   

 
2章 BREAD+SOUP+SALAD
パンにあう、スープとサラダのレシピ。スープ作りに役立つチキンスープストックの作り方を紹介。チキンスープストックをベースにいろいろなスープとアレンジも。 
   

 
3章 フライパンでパンを焼く
オーブンがなくても気軽に作れるフライパンでつくるパンレシピを紹介。カレーパンやあんパン、シナモンりんごマフィン…

4章 MIA’S SANDWICH
野菜がいっぱいのサラダのようなサンドイッチ、BLTAサンド、ひじきサンドイッチ、厚揚げジンジャーサンドイッチ、木綿豆腐を使ったサンドイッチなど。MIA’S BREADでも大人気のレシピ。

   

【著者・森田三和(もりた・みわ)さん】
大阪芸術大学デザイン学科卒、グラフィックデザイン、テキスタイルデザイン、雑貨店等の仕事を経て高校生の頃からきまぐれに焼いていたパンに夢中になる。絵を描くように自分が食べたい味、友だち同士のように互いが引き立てあう素材の組み合わせ、カタチやイメージを作りつづけて1997年に『MIA'S BREAD(ミアズブレッド)』を開業。

著書に「ミアズブレッドのサンドイッチのつくり方」「ミアズブレッドのパンに合う「食べるスープ」のつくり方」「ミアズブレッドのとっておきのサンドイッチのつくり方」(すべてマーブルトロン)、「ミアズブレッドのパンづくりとおいしい食べ方」(東京地図出版)、「ミアズブレッドのパンとサンドイッチ」(地球丸)など。

『毎日食べたくなる! ミアズブレッドのパンレシピ』
 森田三和著 B5変形判、128ページ 1,500円+税

サロン経営を指南ムックが創刊

誠文堂新光社(東京都文京区)が 2015年11月9日、『Mon Salon』を創刊。スクールやサロンを運営する専門家のインタビューや作品紹介、インテリアアドバイス、教室運営ノウハウ、イベント情報やスクールガイドなどを掲載している。スクールやサロン運営とセンス磨きのための女性を対象にしたライフスタイルムック。
Amazon: http://amzn.to/20vj1K2

 

   

藤野真紀子さん レシピとエレガントなセンスの人

プロのパティシエが手掛けるスイーツの作り方を見ながらお菓子をデギュステーション

Mon Salon 創刊号のもくじ
・愛されサロンの人気の秘訣

・トップランナーの歩んできた道(藤野真紀子/丸山洋子/藤枝理子/藤田京子)

・サクセスの方法論(宮澤奈々/今道しげみ/鄭 貴恵/大塚智香子/鈴木真由美/長尾典子/高梨由美/小暮たけみ/香田早智子/高橋文佳/TAKAKO/篠崎信子)

・鎌田由美子さんのビューティーレッスン

・阪口恵子さんに学ぶテーブルアーチストの世界

・アンティーク家具を取り入れた 魅力あふれる サロンインテリアの提案

・サロン開講講座パリ、 おもてなしサロン(プロのパティシエが手掛けるスイーツの作り方/敏腕ジャーナリストが提唱するフレンチマナー/TV番組でもお馴染みのフランス文化研究家)

・フランスフローラルアート協会で学ぶ宮廷文化から発展してきたデザインサロンレポートWorksステーション(アトリエKei/ニーナ ニーニョ/アトリエトシ/フォーエバーラブ)

【関連サイト】
Mon Salon Web  http://bit.ly/1RWkYJ7 Mon Salon
Facebookpage  http://on.fb.me/1WBwD1m

『Mon Salon No.1』
A4変形判、 176ページ
1,300円+税

【問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

『グリーンで楽しむインテリア』

株式会社パイ インターナショナル(東京都豊島区)は、 2015年10月14日、 『グリーンで楽しむインテリア』を刊行する。 植物を買う前に知っておくべき知識や、日の差さない場所でも育成・楽しめるなど、グリーンショップ情報や植物を育てるノウハウも巻末に掲載。見るだけで学べる一冊。

 

 

 

 

 

 
『グリーンで楽しむインテリア』http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4710
 仕様:B5判変型(255mm×190mm)/ソフトカバー/ 128 Pages (Full Color)
定価:(本体1,680円+税)
ISBN:978-4-7562-4710-0 C0070
発売日:2015年10月14日
発売元:パイ インターナショナル

草花で季節を楽しむ本、『花ごよみ 365日』

誠文堂新光社(東京都文京区)が2015年9月9日、 『花ごよみ 365日』を発行した。 日々の生活に「旬の草花」を生け、 季節を綴った365日の花ごよみ。 行事を楽しむ花生けのコツなどを紹介。

      

花生けの材料は、 野山や庭先、 花屋など、 身の回りで手に入るものばかり。 スペースも、 毎日家族が食事をするテーブルのすみっこ、 リビングのローテーブル、 壁や食器棚の中など、 日々の生活にさりげなく溶け込みます。 「きょうは何の花が旬だろう?」と草花の日めくりのように使える。「日々、 旬の草花を生ける」をテーマに365日、 著者の「生活の中の花」を切り取った写真に短文を添えている。巻末に植物の索引。

   

著者・雨宮 ゆか(あめみや ゆか)さん
花の教室「日々花」主宰。 身近な草花を使って、 生活に季節をとりこむ花の楽しみ方のレッスンを定期的に行う。 とくに和の花づかいには定評あり。 工芸作家と共作した花器などを提案。 全国のギャラリーで企画展も催す。 花にまつわる執筆やスタイリングも手がけ、 雑誌などメディア掲載も多数。 http://www.hibihana.com

『花ごよみ 365日』
188×130mm、 384ページ
定 価: 1,800円+税
Amazon: http://amzn.to/1KXF71c

【問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

お弁当の本『おにぎらずDECO』

 宝島社(東京都千代田区)は、2015年7月27日、『おにぎらずDECO』を発売しました。

 「おにぎらず」とは、広げたのりの上にごはんを広げ、サンドイッチのように具材をはさんで包む、にぎらないおにぎり。 簡単で、手が汚れにくく、断面を上に向ければ、弁当箱はぐっと華やぎます。 

 おにぎらずに、もう一手間加えて、お弁当をより華やかに楽しく演出するレシピを紹介。女の子が大好きなキュートなおにぎらず、思わず笑っちゃうゆるキャラのおにぎらず、そして大人のお弁当にもぴったりなおしゃれなおにぎらずなど、41通りのデコレーションレシピです。

 おにぎらずは断面が広いのでデコレーションがしやすく、普段の食事でおかずとして食べているものなら何でも具材に合うのでアレンジも自在。
  

おにぎらずをデコレーションするテクニックとして、
・デコに必須の「色つきごはん」の作り方
・あると便利な「DECOグッズ」
・知っていると便利な「DECOテクニック」
・のりDECOさらにかわいく
・空きスペースもDECO!「カラフルすきまおかず」…なども紹介

『おにぎらずDECO』監修 しらいしやすこ
・発売日:2015年7月27日
・定価:本体980円+税
・A5変型判 112ページ『おにぎらず』12刷18万部突破のシリーズ第1弾
・発売日:2015年1月22日
・定価:本体980円+税
・A5変型判 112ページ

【著者・しらいしやすこさん プロフィール】
フードコーディネーター養成学校を卒業後、料理家のアシスタントを経て独立。現在は、広告・雑誌などを中心に、料理・レシピ制作、スタイリングを手がけている。企業や飲食店のレシピ開発・商品開発にも携わり、幅広く活躍中。

ジャーサラダ、レシピ本とカフェで共同メニュ ー

世界文化社(東京都千代田区九段北)は、ハンバーガーカフェ「J.S. BURGERS CAFE」と共同で、『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』著者・りんひろこさんが考案したジャーサラダ2種類のレシピを提供しています。

東京都内にある「J.S. BURGERS CAFE 」の4店舗で「BURGER HABIT(バーガーハビット)」開催。期間中(5月12日~)、ジャーサラダ2種類を販売します。TVや雑誌で話題の“ジャーサラダ”レシピ本と組んだ実店舗です。


左)アボカドチキンビーンズサラダ  右)Wアボカド

ジャーサラダとは
ジャーサラダはニューヨーカーの間で火が付き、日本でもシャキシャキのサラダを作り置くことができると人気が高まってしました。密閉できる瓶に、ドレッシングと様々な野菜を層状に重ねぎゅっと詰めています。少量のドレッシングで瓶全体に味が付くためヘルシー。入れる野菜によって様々な味を楽しめます。シャキシャキ野菜がの冷蔵庫で数日保存できます。

『作りおきで毎日おいしい!NYスタイルのジャーサラダレシピ』

定価/1,296円(税込)
発行/世界文化社★レシピ本では異例の売れ行き、6万部突破
著者/りんひろこ
料理研究家 フードコーディネーター

帝国ホテル・青山アンデルセン・銀座 ロックフィッシュなど…名店17軒に習った『 ザ・サンドイッチ・レシピ』

名門ホテルやレストラン、人気のベーカリー、専門店など17軒のサンドイッチに近づくコツをたっぷり、惜しみなく伝授。『ザ・サンドイッチ・レシピ』を発売しました。


「サンドイッチは、簡単ですが、立派な食事です」(青山アンデルセン 上田達生シェフ)カクテルパーティのフィンガーフードなどのしゃれたおもてなしから、ピクニックやお弁当の人気の一品、休日のランチ、お酒の時間のよきパートナーとして…。

サンドイッチは日常のさまざまなシーンで愛されています。でも、パンに具材をはさむという、決まりごとのない自由な料理のようで実は奥深いのがサンドイッチ。同じ具材を使っても、切り方やマヨネーズ、マスタードなどの調味料のさじ加減、パンの種類によってまったく違う印象に変わります。

「サンドイッチは、主食のパン、具材にタマゴやハム、ツナなどのたんぱく質、ビタミン豊富な野菜をはさむ、簡単ですが、実は立派な食事です」と青山アンデルセンの上田達生シェフが、サンドイッチとはなにかを言います。仕事や遊びの片手間に、手軽に食べられるようにと作られ、今やなくてはならない存在のサンドイッチは、実はちゃんとした食事なのです。

奥深いサンドイッチのレシピを、一流ホテルやレストラン、人気のベーカリー、専門店に習いました。パンと具の組み合わせから重ね方、切り方のコツまで。多彩なパンを、よりおいしいサンドイッチにするノウハウが満載。


BLTサンドイッチの重ね順
【取材店】

帝国ホテル東京 オールドインペリアルバー
ハロッズ ザ・プランテーション・ルームス
銀座ウエスト 本店
千疋屋総本店日本橋本店フルーツパーラー
レストラン香味屋
ドーカン
ヒルトン東京 TSUNOHAZU メトロポリタングリル
青山アンデルセン
イッツ サンドイッチ マジック
ル・パン・コティディアン
トシ オー クー デュパン
レフェクトワール
シャポードパイユ
ベーグルスタンダード
パーティーデザイン
サンドイッチハウス メルヘン
銀座 ロックフィッシュ
帝国ホテル東京のアメリカンクラブハウスサンドイッチ


日本橋千疋屋総本店フルーツサンドイッチ


銀座 ロックフィッシュのコンビーフときゅうりのサンドウィッチ

『ザ・サンドイッチ・レシピ』
発売日:2015年4月22日
定価: 本体1,600円+税
判型:B5変型
頁数:128頁

書籍ページ:http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/15310.html
世界文化社の新刊情報:  http://www.sekaibunka.com/

日用品大特集  GetNavi 6月号

月刊アイテム情報誌「GetNavi(ゲットナビ) 6月号」(定価610円)を4月24日、発売。「この日用品がスゴい!200」と題し、ネットなどで話題の日用品を約200アイテム掲載。キッチン用品や掃除・洗濯用品、収納用品、さらには冷凍食品や缶詰、調味料などを紹介。

本 『こだわり&人気雑貨店とカフェのデザイン』

 日用品やグリーン(植物)を置くライフスタイル系やDIYアイテムを売る雑貨店、北欧雑貨店サードウェーブのコーヒーショップやブックカフェなど、雑貨店とカフェの店づくりのポイントとショップツールを紹介した本『こだわり&人気雑貨店とカフェのデザイン』を2015年4月10日、発売した。

人気雑貨店とカフェの店づくりのポイントやショップカード・紙袋・メニュー・DMやチラシなどの販促物を紹介している。 

 

『こだわり&人気雑貨店とカフェのデザイン』 http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4625
判型 : 257mm×182mm/ソフトカバー/152頁(144 in Color)
定価 : 本体1,800円+税
発売日 : 2015年4月10日
発行元 : 株式会社パイ インターナショナル

問い合わせ先
株式会社パイ インターナショナル  http://pie.co.jp/
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-32-4
TEL:03-3944-3981

予約のとれない和食店の家庭料理本 『くろぎのおかず』

KADOKAWA 角川マガジンズ ブランドカンパニー(東京都千代田区 )は、2015年3月27日に『くろぎのおかず』 を発売した。おかず83品を和食界の“神の子”黒木純さんが公開している。

                                       

  

 
◆肉が主役のおかず◆野菜が主役のおかず◆大皿のおかず◆お浸し、和え物◆気の利いた常備薬◆ほめられおかず◆炊き込みご飯と味噌汁 ◆くろぎのまかない

◆小山薫堂との対談も◆
「おかず」について、黒木さんとの対談を収録。当たり前〟が充実するって最高の贅沢だと思うんです。食べ物なら日々食卓に並ぶ素朴なおかずが美味しい、それってとても素敵なことですよね。暮らしを豊かにするための、日常のアイテムとして、黒木さんのおかずの作り方を手にするなら、ものすごく素晴らしい宝物を手に入れることになるんじゃないでしょうか。(放送作家・脚本家)

著者:黒木 純(くろぎ じゅん)
“日本一予約がとれない”と称される割烹「くろぎ」主人。「食材の声を聞く」を心得とし、伝統的な技術に裏づけされた、ライブ感あふれる調理を行う。1978年、宮崎の割烹に生まれ、日本最高峰の和食店「京味」で修業を積む。京料理の3大要素である「懐石料理」「精進料理」「惣菜(=おかず)」を習得し、2008年「湯島121」を構え、2010年「くろぎ」と名を変える。http://www.kurogi.co.jp/

『くろぎのおかず』
著者:黒木 純
発売日:2015年3月27日
体裁:B5判・120ページ
定価:本体1500円+税
発行:株式会社KADOKAWA